忍者ブログ

忘却の彼方。

そこは"大人"が座る席だから君にはまだ座る資格がない。

業務連絡。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

業務連絡。

先日やっとの思いでせっかく忍者ブログに移って来たのですが、
コメント欄を荒らされる事件が起きた故、
コメント欄を閉鎖致します。
おそらくコメントはできますが、認証はしませんので私には届きません。
最近はコメント欄で「こういうふうな気持ちになった」とか「こういう風に書いてほしい」とか
不気味に「あなたの書くこういう文が好き」とか
本当に望んでいない感想をいちいち書き込みしてくる人がいるので閉鎖します。
(そういったたぐいのは全削除してきましたので愛すべき贔屓の皆様のものは消していません。)

なお、
このブログは無料範囲(サイズ)の限界が迫っているので
近々閉鎖する予定です。
(今後は未定)
元々物書きになりたかったような人間なので、
言葉を紡ぐことでストレスを発散してきたのに、
まるで私を知っているように
私の世界に踏み込まれるのは心外であり、
ある意味テロ行為です。


それからこれは超個人的なことです。

ここのところSNSに食傷気味というか、
私が生きていた、
まだこんなにもこの世界が広くなかった時の、
あの独特の空気がSNSによって奪われている自体にうんざりしています。
現実と同じであるなら、この世界を愛してなどいない。

メッセンジャー使って個人的に友達になりたいとか
言ってくる輩が増えて困っている。
女の子で同じ岡田ヲタ仲間だったり、
同じ法曹界にいるのならまだしも、
数回リプ返したくらいでそう言いだす輩が増えて正直めんどくさいのです。

そして私は、好きなものだけを選んで生きてきたタイプの人間で、
マツコデラックスと同じ、
ばっさり切りたい人は切って来たのです。
だからFBに見られる、
たいしてつながりたくない過去の人間から突如お友達連絡が来るのも、正直うんざりしてきた。

人間の(特に女の)「今わたし、幸せななんです」の絶対的幸福アピールと自慢、
暗に出る「なんで?なんで?あなたはこうしないの?」が本当に大嫌い。
私が愛すべき人たちは、どんなに幸せでもそこを他人に強要しないのに。

私はそんなところを大人な対応の出来ない、
できそこないの人間なんですよ。
一生完成されない生き物に、完成を求められても無理なのです。
私から見たら醜い完成形なのに、
未完成に人間に見せつけるようにその完成度を声高らかに自慢する。

彼らの小ささをかわせないわたしは未完成で、
愛すべきものまで失わねばならないので
胸が痛い。

未完成の美に
自らの完成をもって未完成の人間に完成を押しつけられるのは
私に死を突き付けているのと同じ。
人は変わっていき、
いずれ死を持って還元されるとはわかっていても、
私の世界で私の美に反するものは許せないんですよ。


私はこの世界の距離感が本当に好きで、
基本的には《チャット》と呼ばれるものが出てきた時代から
オフ会があれば10代の頃から制服着て参加してきたほどこの世界の住人なのだけれど、
別に出会いなどは求めていないし、
過去にとらわれてもいない。

ここでは年齢も職業も性別も一切関係ない、
大人も子供もない実にフラットな場所だから好きだったのに。
誰かが現実と非現実を繋げるようになってから
私の愛する世界は変わってきた。
醜い色を晒すようになって、
私にもそれを強要するようになった。


3本前のブログ、
まだgooブログで日常を綴って来た頃から
私のブログを贔屓にしてくれている人や、
検察庁に入庁したいと必死に勉強していた時、
同じように司法試験やら書士試験やらで受験生同士で連絡して頑張って来たこの世界の仲間や、
現実の世界での過去の友人が私を思い出して
私の日常をふと覗いてくれることは嬉しいことであり、
私の携帯の番号がわからなくなっても
ここを知っていると人づてに聞いたりしていると、
有り難いと心底思うのですが。

私は私の世界があり、
その絶対的な聖域には誰にも踏み込んで欲しくはないし
踏み込ませるつもりもない。

それはどんなに私が個人的にその話をしていたとしても、
まるで私を知ってるかのように他人に持ち出されるのは心外です。


私がこの世界の住人としてではなく、
現実の世界で連絡をとりたいと思う人は私が決めるのであって
それ以上もそれ以下もない。






PR

コメント

プロフィール

HN:
桜吹雪
年齢:
37
性別:
女性
誕生日:
1982/11/30
職業:
法律事務所勤務のただの人。
趣味:
映画、ゲーム、旅行、西島秀俊と岡田准一
自己紹介:

twitter→@saculafubuki
instantgram→@saculafubuki

共に適度に更新しております。